Power Spot Navi

日本/世界の効果別パワースポット&スピリチュアルスポット&癒し系スポットガイド

今日から神無月!神社に参拝しても意味がナイ??

7641d12cd3c9ac0b750a9b55d957e9fe_s

10月になりました!

10月は旧暦の異称で「神無月」と呼ばれていますよね。
読んで字の如く、「神様がいなくなる月」です。
縁結びの神様が祀られていることで有名な「出雲大社」に全国の神が集まって一年の事を話し合うため、
出雲以外には神がいなくなるとという説からこのように言われています。
このため、出雲の地域では反対に「神在月」と呼ばれています。

参拝しても大丈夫!

結論を言うと、「神無月」だからと言っても参拝しても十分ご利益はありますので
せっかくの行楽シーズンですし、参拝を楽しんでくださいね。
何故かと言うと「水無月」と言われている6月も、「水が無くなる」わけではないですよね。
そして少し御幣を招くかもしれませんが、イエス・キリストも一人しかいませんが
教会はあちらこちらに建てられていますよね。
(本来、教会はキリスト教信者たちの話し合いをする場所のことを指し、
神社のように神様を祀る場所ではないので、ニュアンスが少し違いますが…)

じゃあ神社には誰がいるの?

全国の神様たちが、出雲大社に集まって人の運命やご縁について話し合いをしている最中、
神社はもぬけの殻ではないかと思ってしまいますよね。
でも大丈夫です!ちゃんと「留守神様」という「留守番をする神様」がいるのです!
代表的な神様が七福神で有名な「恵比須神(えびすしん)」です。
その他にも「金毘羅神(こんぴらしん)」・「竈神(かまどしん)」・「道祖神(どうそじん)」など。
こうした留守神様を祀るために、10月に「恵比須講(えびすこう)」を行う地方も多くあります。
留守神様が私たちを守ってくれているので安心です!

出雲大社は勿論激アツスポット!

10月は全国各地で秋祭りが開催されるので、楽しめること間違いナシですが
やっぱり神様が全国から集まる出雲大社を参拝すると
「わざわざ出雲大社まで会いに来てくれた」という熱意が伝わり、いつも以上にご利益を授かれる可能性が高いとされていますよ。

1,272 views 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP